2018年01月12日

会社法40条第4項 読み替えてみた

会社法40条第4項を見てみましょう。

会社法
(設立時役員等の選任の方法)
第40条
 第4項

設立しようとする株式会社が監査等委員会設置会社である場合における前項の規定の適用については、同項中「、取締役」とあるのは「、監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役」と、「当該取締役」とあるのは「これらの取締役」とする。

「○○」とあるのは、「□□」とすると規定されているので、読み替えてみましょう。

(読替前)
会社法
(設立時役員等の選任の方法)
第40条
 第3項

前項の規定にかかわらず、設立しようとする株式会社が種類株式発行会社である場合において、取締役の全部又は一部の選任について議決権を行使することができないものと定められた種類の設立時発行株式を発行するときは、当該種類の設立時発行株式については、発起人は、当該取締役となる設立時取締役の選任についての議決権を行使することができない。

(読替後) 設立しようとする株式会社が監査等委員会設置会社である場合
会社法
(設立時役員等の選任の方法)
第40条
 第3項

前項の規定にかかわらず、設立しようとする株式会社が種類株式発行会社である場合において、監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役の全部又は一部の選任について議決権を行使することができないものと定められた種類の設立時発行株式を発行するときは、当該種類の設立時発行株式については、発起人は、これらの取締役となる設立時取締役の選任についての議決権を行使することができない。

以上

(注1)読み替えた条文が合っていることについての保障は致しかねます。
(注2)便宜上、読み替え該当箇所に前には下線、後には太字・下線を加えました。
posted by qui5te at 00:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。